onzon&onzon 〜 乳がん&変形性股関節症

アクセスカウンタ

zoom RSS 泌尿器科〜O病院へ

<<   作成日時 : 2008/12/13 18:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

尿管結石の様子見のために泌尿器科へ。
ここは放射線治療を受けたK病院からの紹介。

K病院のA医師、やる気ないのか、初めからこちらの病院を紹介するのです。
自然排石を狙っている私は、また新たな病院で診察・・には躊躇してしまい、紹介状をもらってから3週間放っておいたのですが、
最近何となく腰&腹回りが重いというか、心地好くない感覚が出始め、仕事も超繁忙期。
急な発作は困る!!と受診することにしました。

予約時に「尿を溜めて9時までに来て下さい。 」と言われていたので、水分補給に努めながら到着。
受付で「トイレには行かずにお待ちください。 」ここからが長かったです。
一旦、尿意を感じてしまうと30分が3時間にも思えるほど。

ようやく、レントゲン → エコー検査 → 検尿
この時に、この病院での治療はちょっとなぁと思ってしまいました。

@レントゲン技師の身形に清潔感がない。
Aエコー検査室に看護師さんの立会がない。
B採尿したコップを若い男性職員が直に受け取る。


固有名詞を大声で呼ばれる度に、イヤ〜な気持ちになるのに、女性患者への配慮が全くないというか・・
院内にこもっている臭気も気持ちをめげさせます。

それでもK病院からの紹介ということで、手術の合間をぬって専属医(本来は非常勤医の日らしい)が診察して下さいました。
レントゲンでは写っていなかった「石」も、エコーではちゃんと存在しているそうです。
この3週間で、かなり下に落ちた模様。

このまま一気に排石される!? と期待を込めたところ

ここから2箇所の関門(尿路が細くなっている)があるので、そこを通る時に痛む可能性が高いです。 」と、あっさり否定されてしまいました。
そして直ぐに、日程やら手術費等 破砕手術 の説明。
忙しい時の急な発作は困るけれど、簡単に手術することも決められません。
迷っている私に、M医師は「今日、1回目をやりましょうか

時間は4〜50分程だそうです。

まぁ、これで少し小さくなって流れてくれるのならそれもありだよね、と同意書にサインをしたところで、M医師、次の手術の為に退席。
看護士さんの説明を聞くと、造影剤検査 → 破砕手術で何時に終わるかはわからないとのこと。

それは困ります。
今日も戻ってから仕事やら何やらの予定が入っているのに、下手すると夕方までかかるとは。

すぐに、「今日の手術は止めて、一旦帰ります 」とサインした同意書を持って出ましたが、それは病院側に戻されてしまいました。

このまましばらく落ち着いてくれて自然排石されるのを望みますが、万一、次の痛みが出た時にこの病院の門をくぐるか??

別の病院をリサーチすることにします。
でも、この破砕手術が出来る機械、持っている医療機関が少ないのだそうです




ここまで御拝読いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へにほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
泌尿器科〜O病院へ onzon&onzon 〜 乳がん&変形性股関節症/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる